ユーカリのこと

669270-e1497284998514.jpgユーカリ(eucalyptus)フトモモ科ユーカリ属 常緑高木(落葉しない背の高い木)

どのくらい大(おお)きくなるの? なんと、5m(メートル)〜70mになります。

ユーカリの種類(しゅるい)は? 500〜1,000種(しゅ)もあります。

でも、コアラが食(た)べるのは15〜40種類ほど。しかも、好(す)き嫌(きら)いが激(はげ)しく個体(こたい)により食(た)べるものが違(ちが)ったり、飽(あ)きると食(た)べなくなったり、動物園(どうぶつえん)の飼育員(しいくいん)をよく心配(しんぱい)させるみたい。

ユーカリの生長(せいちょう)は、とても早(はや)く、5月(がつ)に芽吹(めぶ)き8月には2mほどになります。

コアラのふるさとはオーストラリア。

オーストラリアでは、ユーカリがどこにでも生(は)えているので、そこらじゅうで見(み)ることができます。

そして、ユーカリには色々(いろいろ)な個性(こせい)があります。

・幹(みき)がツルツル

ユーカリの木は、皮(かわ)がむけてツルツルになるものが多い。だから、コアラのツメは、すべらないように立派(りっぱ)なんだって!

・油(あぶら)がとれる

ユーカリ油は解熱(げねつ)や湿布(しっぷ)の薬(くすり)として利用(りよう)していたといわれています。他(ほか)にも、のど飴(あめ)・アロマオイル・入浴剤(にゅうよくざい)・虫除(むしよ)け等々(とうとう)に使われています。

・紙(かみ)・パルプの原料(げんりょう)になる

ユーカリは紙の原料になります。私(わたし)はユーカリで作(つく)った紙をみたことがないですが・・・

 

広告